キラキラ輝く女性養成講座

キラキラ輝く女性養成講座

断食ダイエットという方法があります。
人気のデトックスの一つで、断食により日頃食べ過ぎ・働かせすぎの内臓を休ませて健康的にダイエットをする、という方法です。
プチ断食なんて言われ方をする方法もあり、敷居が低く感じます。
ただし断食は自己流で行うのは避けましょう。
とある女子大生Aさんの体験です。
Aさんは、断食ダイエットなら食費も浮くし、運動もいらないからと自己流で始めたそうです。
趣味で作曲をするAさんにとって、音楽作りに没頭すれば断食の辛さも苦にならず、当初の目的の一つだった食費の軽減が実現して喜んでいたとか。
しかし自己流の断食はあっという間に健康を害します。
断食ダイエットは計画的に、また生酵素を摂取するなどして栄養補給を心がけましょう。

 

生酵素の口コミ|実際に飲んでいる主婦の体験談です

続きを読む≫ 2014/10/19 23:06:19

女性は特にかもしれませんが、痩せたいと思うととかく食べる量を減らすことに躍起になって、一日二食、下手したら一食なんて無理をする方がいます。
確かにカロリー消費量を抑える→食べる量を減らす→食べる回数を減らす、と思ってしまいがちですがこれは実は逆効果なのです。
人間の体はカロリー摂取量が減ると危機感を抱いて、一回の食事でたくさんの栄養を蓄えようとしてしまうのです。
おすもうさんなんかは一日二食だっていいますよね。
また、空腹の度合いが大きいとついついドカ食いをしてしまう、なんていうことにもなりかねません。
ですからダイエットをしようと思ったら食事の回数は増やさなくてはいけないのです。
もちろん毎回満腹になるまで食べたらただの食べ過ぎです。
一日に必要なカロリー量を5等分か6等分してその回数だけ食べるようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/10/19 23:05:19

入院施設のある病院で働く看護師には、夜勤があります。
ですから、夜勤入りや夜勤明けの日があり、さらには休日もあるので、日勤が1週間にわずかしかいない人も出てきます。
また、入院患者さんは365日いるので、土日や祝日、お盆や正月休みなども特になく、交代で勤務することになります。
ですから、家庭があり、子供の休みに合わせたいと思っても、職業柄合わせられないことが多い職業ですね。
勤務体制に不満があるなら転職を考えてみるのも手です。

 

ナースパワー

 

こういった転職サイトにはわがままな条件が可能な職場が多数登録されています。

 

 

続きを読む≫ 2014/03/07 02:11:07

日本では、男は外で働き、女は家の中を守るという昔からの考え方がまだまだ根強く残っていたりします。
そんな考えによるのか、出産を機に退職をし、専業主婦になりたいという方も多いようです。
なるべく子どもの成長を近くで見守ってあげたい。
適齢期になるまでは自宅で面倒を見ていたい。
はじめはそういう気持ちで専業主婦になりたいと思うようです。
しかし、いざ専業主婦になってみると耐えられないほどの孤独感を感じる方もいるようです。
子どもと四六時中一緒なのだから孤独なわけはないのですが、自分の気持ちを分かってくれる人がいないのです。
チームで仕事していたときの共有感、達成感がない上に、特に小さい子どもがいる専業主婦は、24時間休みなしの過酷労働。
納得してその状況を選んだはずなのに、やっぱり働きたい、と考えるようになる専業主婦の方は多いようです。

続きを読む≫ 2014/03/07 02:11:07

せっかくかにを食べるんだから、美味しいお酒も飲みつつ、料理を楽しみたい方も多いはず。
そこで、かに似合うお酒を紹介したいと思います。
まずは日本酒が合います。焼酎はまぁまぁですね。
どんな日本酒が良いかというと、刺激が強くない易しめの日本酒です。
かにの味が淡白なものなので、飲みやすいものが選ばれます。銘柄はたくさんあるので、「飲みやすいもの!」で探していただけると良いと思います。地酒でも、かにによく合うお酒はたくさんあると思うので、よかったら探してみてください。ちなみに、かにの甲羅にお酒を入れて飲むとサイコーです。

続きを読む≫ 2013/12/10 15:02:10

25歳を過ぎればお肌の曲がり角とは、よく言ったものだと思います。
実際、25歳を過ぎた頃から新陳代謝機能が落ちてしまったのを実感することばかり。
ウェスト周りについてしまった余分なお肉が落ちなくなったな、と思っていたら、シミや毛穴が突然目立つように。
そろそろアンチエイジング化粧品を試してみるべきかしら、と思っていましたが、体全体の老化を防ぐには化粧品だけでは追いつきません。
そこで調べた結果取り入れることにしたのが炭酸のパックです。
ここぞ、という時のスペシャルケアにちょうどいいです。

あと、肌が疲れてしまった時とかですね。

続きを読む≫ 2013/10/28 02:01:28

一昔前の「かつら」のイメージから一転して、「ウィッグ」と呼ばれるものは、オシャレな印象を受けるものになりました。
しかしながら、今でも時と場所をわきまえて使用しなければ、おしゃれに失敗している、痛い人という印象を与えてしまう危険もあります。
例えば、子供のPTAで母親がフルウィッグをつけていたらどうでしょう。
また、閉鎖的な片田舎の集まりで金髪のフルウィッグをつけていたらどうでしょうか。
多くの人は違和感を覚えるに違いありません。
本人はオシャレのつもりでも、周りの話題になり、笑い物になる可能性も大いにあります。
しかし、夏祭りで、浴衣を来て髪の毛をアップにした時つける部分ウィッグ、結婚式のドレスなどに合わせたウィッグなら違和感は与えません。
その場にあった使い方を、違和感なくすることがウィッグを使いこなしていることになるでしょう。

続きを読む≫ 2013/10/28 02:00:28
アラフォーになれば、周囲はたいてい結婚していて、どうしてもひとり身だと
さみしい気持ちになるものです。

そういう気持ちが深まるのは引越しなどで男手が欲しい時といわれています。
男性が一人いたら、段ボール詰めの作業など、かなりラクになるのにな…なんて思います。
はじめは少々ぜいたくに感じますが、あまりのラクさにリピートしたくなる引越し屋さんのサービスの一つです。
特に仕事を持っていると休日は疲れてしまい梱包作業にさく体力など残っていない方も多いです。
せっかくの休日が荷造りで終わってしまうのも惜しいもの。
そういう時は思い切って専門の業者にたのむのが吉です。
続きを読む≫ 2012/10/23 23:34:23

自分の好きな職種に就くことができなかった…
そんな方もたくさんいます。
確かに好きな職種に付けず、生活をするために今の仕事をしている人も多いと思います。
しかし余程その仕事が合わない限り、今の仕事を好きになることはできます。
何故なら職種は好きでなくても、その職場=人間関係を好きになることはできるからです。
仮にいくら好きな職種に付けたとしても、人間関係がギクシャクすれば…職場に居づらくなります。
(最悪、退職を余儀なくされます。)
そういう状況は、職業的不幸せではないでしょうか。
職場の良好な人間関係こそ、職業的幸せを導いてくれると思います。
生活のために就職した仕事でも、必ずその仕事を好きになることはできるはずです。

続きを読む≫ 2012/06/27 01:11:27
最近、食育という言葉が様々なメディアで注目を集めています。
お子さんのいる方は、特に無視できない言葉でしょう。

子供の栄養という観点からも、食文化の知識を深めるという点からも注目すべき方法でしょう。
また食育をする事で家族全員が健康になれるという点も見逃してはいけません。
バランスのとれた食生活を送る事になりますから結果としてお母さんも肌がつやつやとしてきて
キレイになれるんです。
家族全員がいきいきとしてくる。食育の実践で得られる事は思いのほか多いのです。
続きを読む≫ 2012/03/31 09:13:31

ホーム RSS購読 サイトマップ